<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Beautiful Field | TOP | まさかの大脱走。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
PLUTO
今日はぜんぜん勉強してへん(関西風にあっさりと)。
えーねん。人志松本もおもろーやったし。

で、漫喫いってもうた。
嫁が行きたいっていうんだもん。

責任転”嫁”って漢字も”嫁”に
責任なすりつけてるやん。

で、そこでプルートと初対面。

やばい。これ浦沢直樹フィーチャリング手塚治虫。

題材は手塚治虫の鉄腕アトム。

いままで鉄腕アトムって
ただのSFロボット近未来妄想マンガだと思ってた。

が、しかしとんでもなかった。

感情を持ったロボットあるいはコンピュータって
どうなるか、どこに向かうのか。

コンピュータに偏り、バイアスをかけることで
計算速度が限りなく向上するのだが、
一方、同時に感情を保持することとなり、
その感情が目的化してしまい、
憎しみという感情を制御できなくなる。
その憎しみを人間というシステムは記憶から削除することが
できるのだがコンピュータやロボットは削除することができない。

などといったオタなボクには
かんなりやばいテーマで書かれている。

大脱走。

よう言わへん。

03:39 | - | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
03:39 | - | - | -
COMMENTS
COMMENT?










TRACBACK URL
http://hendlix.jugem.jp/trackback/6